viの代わりにvimを使う

Arch Linux に vim を入れてカラー表示させてみる。

vimのインストール

sudo pacman -S vim

設定

vi ~/.exrc
set number
set ruler
set showmode
set showmatch
set tabstop=4
set autoindent
set ignorecase
set smartcase
syntax on

※先頭に"(ダブルクォーテーション)を入れるとコメント行として扱われる

あと .bashrc にエイリアスを登録しておく。

vi ~/.bashrc
   :
alias vi='vim'
   :

bashrc をリロードしてエイリアスを有効にする

source ~/.bashrc

sudo でコマンドを実行したときには自分の設定ではなく root の設定(.bashrc や .exrc)で実行される。自分の設定で sudo コマンドを実行させるには、自分の .bashrc に sudo のエイリアスを追加してやればいい。

vi ~/.bashrc
   :
alias sudo='sudo -E '
   :

※-Eオプションの後ろに1ブランク を入れること

これで sudo でコマンドを発行したときに自分のエイリアスを使えて、自分の.exrcも有効になる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。