初期設定(ArchLinux@ODROID-U2)

ArchLinuxの初期設定

 
何はともあれrootのパスワード変更

passwd
Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully

 
タイムゾーンの設定

timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 
言語設定

echo "en_US.UTF-8 UTF-8" > /etc/locale.gen
echo "ja_JP.UTF-8 UTF-8" >> /etc/locale.gen
locale-gen
localectl set-locale LANG="ja_JP.UTF-8"

 
国内のntpサーバを利用するように設定を変更
NTP= に使いたいNTPサーバ、FallbackNTP= は予備サーバ

vi /etc/systemd/timesyncd.conf
[Time]
NTP=ntp1.jst.mfeed.ad.jp ntp2.jst.mfeed.ad.jp ntp3.jst.mfeed.ad.jp
FallbackNTP=time1.google.com time2.google.com time3.google.com time4.google.com

 
時刻合わせ機能を有効に

systemctl enable systemd-timesyncd.service

 
ホスト名変更
HOSTNAMEは好きな名前

hostnamectl set-hostname HOSTNAME

 
pacmanのミラーリストを編集して近場のサーバーに変更
(オランダのサーバーから台湾のサーバーに変更)

vi /etc/pacman.d/mirrorlist
    :
## Geo-IP based mirror selection and load balancing
#Server = http://mirror.archlinuxarm.org/armv7h/$repo
    :
### Taiwan
## New Taipei City
Server = http://tw.mirror.archlinuxarm.org/armv7h/$repo
    :

※http://mirror.archlinuxarm.orgの行をコメントアウト
※http://tw.mirror.archlinuxarm.orgの行をコメント解除
 
 
一旦リブート

reboot

 
LANのランプが点灯したら母艦からSSH接続(パスワードは新しいのを入力)

ssh root@10.0.0.xx
root@10.0.0.xx's password:

 
パッケージのアップデート

pacman -Sy; pacman -Syu

 
開発環境のインストール

pacman -S --needed base-devel

 
sudoコマンド設定

visudo
	:
Defaults env_keep += "LANG LANGUAGE LINGUAS LC_* _XKB_CHARSET"  #コメント解除
	:
%wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL                                  #コメント解除
	:

 
ユーザ追加
USERNAMEは普段使いのためのユーザー名

useradd -m -g users -G wheel USERNAME

 
追加したユーザのパスワード設定

passwd USERNAME
新しい UNIX パスワードを入力してください:
新しい UNIX パスワードを再入力してください:
passwd: パスワードは正しく更新されました

 
SSHの設定
 
root での SSH 接続を禁止

vi /etc/ssh/sshd_config
	:
#PermitRootLogin yes
	↓
PermitRootLogin no      #コメント解除 & yesをnoに
	:

 
追加したユーザでSSH接続のテスト。(母艦側の新規ターミナルで接続)

ssh USERNAME@10.0.0.xx
USERNAME@10.0.0.xx's password:

 
以下は追加したユーザでの作業。
 
パスワード認証を禁止して公開鍵認証にする。

ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/USERNAME/.ssh/id_rsa): ↵	#空Enter
Created directory '/home/USERNAME/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): xxx↵		#公開鍵用パスワード
Enter same passphrase again: xxx↵					   #パスワード再入力
Your identification has been saved in /home/USERNAME/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/USERNAME/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is: xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx:xx USERNAME@HOSTNAME
The key's randomart image is:
+--[ RSA 2048]----+
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
|                 |
+-----------------+

※公開鍵をなくすとログインできなくなるので注意です
 

chmod 700 ~/.ssh
cd ~/.ssh
chmod 600 id_rsa.pub
mv id_rsa.pub authorized_keys

 
ODROID-U2のid_rsaを母艦側へコピー
(母艦側ターミナルの新規ウィンドウで作業)

scp USERNAME@10.0.0.xx:/home/USERNAME/.ssh/id_rsa ~/.ssh/id_rsa.odroid

 
ODROID-U2のSSH設定
(ODROID側ターミナルで作業)

sudo vi /etc/ssh/sshd_config
	:
PubkeyAuthentication yes	#コメント解除
	:
PasswordAuthentication no	#コメント解除 & yesをnoに
	:

 
SSHのリスタート

sudo systemctl restart sshd

 
母艦側から接続テスト

ssh -i ~/.ssh/id_rsa.odroid USERNAME@10.0.0.xx

※-iオプションで母艦側にコピーした公開鍵を指定する
 
ポップアップウィンドウでパスワードを聞かれるので、公開鍵用パスワードを入力してキーチェーンに保存にチェックを入れてエンター。
 
問題なければODROID-U2に接続される。次回からの接続は、

ssh USERNAME@10.0.0.xx

で接続できる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。